スポンサードリンク




地鎮祭を行う日は大安がいいですか、仏滅はだめですか?

スポンサードリンク




地鎮祭は、良い日に行うのが良い

地鎮祭は、やはり良い日を選び行うことが望ましいです。

結婚式などと同じ考え方で、人生で重要な日であります。理由は気持ち的なものが大きいですが、なにかあったとき「あの日にやっておけば」と後悔するくらいなら、良い日を選んでも損はありません。

地鎮祭は、やはり良い日を選び行うことが望ましいです。

結婚式などと同じ考え方で、人生で重要な日であります。理由は気持ち的なものが大きいですが、なにかあったとき「あの日にやっておけば」と後悔するくらいなら、良い日を選んでも損はありません。

インターネットで「建築吉日カレンダー」と検索すると、大安だけでなく、建築にとって良い日が以外にもたくさんあるんです。なかには、仏滅に日でも建築にとって良い日はあるんですよ。

参考に→ http://drgeokitijitu.web.fc2.com/

そもそも大安とは

 大安とは六曜の一つで、六曜の中で最も吉の日とされています。
「大いに安し」という意味があり、一日中のあらゆることが平穏に進むと言われています。
そのため、大安の日に結構式などの慶事が多く執り行われます。
新しいことを始めるにも大安が良いとされています。

大安と聞くと、結婚式が思い当たります。僕は、先勝の日でしたが、大安がいいとされるのは今も昔も一緒。
建築だと、契約日、地鎮祭、上棟、完成引き渡し日などこだわる方もいらっしゃいますが、地鎮祭、上棟日(柱を建てる日)でいいと思います。もっと言うと、地鎮祭の日だけでいいと思います。

いつだっていいよ

「工務店さんの都合のいい工程でやってくれよ」と言ってくださるお客様もいます。
本当にうれしいです。感謝です。
こういったお客様になにか不幸なことがあるのか?いいえ、ありません。本当に気持ちのもちようなんですね。
こうやって言われると、できるだけいい日にやってやろうとう気になります。

こんな話があります。
ある主人が、家相にこだわりにこだわった結果、動線がよくない住みにくい家になってしまったと。
家相は、それこそ、昔の家に沿ったものです。現代の家にはむいておりません。
動線にこだわることが今の家は大事だと思います。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です