「お金持ちが大切にしている財布の習慣」を紹介します

稼げない人の財布の特徴ってご存知でしょうか?

「二つ折り」

「ボロボロ」

「パンパン」

この3つです.

財布の3大悪とも言われているそうです.

お金持ちはなぜ「財布」にこだわるのか?

お金を引き寄せる財布とは

「お札が気持ちよく過ごすことが出来る」財布です.

財布はお金の住まいですから

居心地を整えてあげることが

持ち主の役割です.

具体的に

どのような財布の環境が望ましいのでしょうか?

まず,財布はお札を折らずに済む

長財布を使うのが基本です.

また,お札は肖像画を下向きにして入れることで

財布から出ていきにくくなるかもしれません.

さらに,お札を並べる順番も重要です.

一番手前は千円札.

次に5千円札.

一万円札は

一番奥に入れましょう.

一万円札が一番取りやすい手前にあると

千円札や五千円札で支払うことが出来る買い物であっても

すぐに一万円札を使ってしまいがちです.

また,

お金持ちと普通のサラリーマンの違いってなんだと思いますか?

普通のサラリーマンの特徴として

いつも「並」を選ぶ方が圧倒的に多い.

「並」ばかりを見ていると,

いつまでたっても

その他大勢からは抜け出せません.

例えば,新幹線なら

グリーン席と自由席に乗っている人の特徴を比較してみましょう!

グリーン車では

落ち着いた環境で

パソコンで作業をしたり

ブランケットの提供など

一流のサービスが受けられるのに対して

自由席では

ビール片手に週刊誌などを読んでいる人が

多いのではないでしょうか?

お金持ちの空気や雰囲気を肌で体感

まず,お金持ちの空気や雰囲気を

肌で体感することから始めましょう!

また,お金を下ろす頻度が多い人ほど

お金に嫌われるってご存知ですか?

お金を下ろすときに払う手数料ほど

無駄遣いはありません.

また,お金を下ろすための

「お金」,「時間」,「労力」

この全てを無駄にしていると言っても

過言ではありません.

お金をたくさん入れておくと

使ってしまいそうで怖いという方は

単純にお金の管理能力が低いだけです.

また,財布を落とす

というのは普段から財布を気にかけていない証拠です.

まず,まとまったお金を財布に入れておき

常に財布に気を配り,計画的にお金を管理する習慣を身につけましょう!

さらに,小銭と領主書は

お札と同じ財布に入れない!

これは鉄則です.

風水的に見ても小銭とお札を一緒に入れておくと

両者が嫌がり,どんどん出て行ってしまうと考えられています.

また,領収書も然りです.

「類は友を呼ぶ」という言葉の通りです.

領主書はお金と使った,つまり

お金が財布から出て行った証です.

領収書は

必ず財布に入れずに

領主書専用のケースを用意するようにしましょう.

お金持ちになるためには

まずは,財布の管理から

見直してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です