個人事業を開業!やるべきこと

【起業したい】【独立したい】そんな風に思ったことはありませんか?でも起業するために どうしたらいいのかわからない!そんなあなたのために今回は個人事業を開業するにあ たってやるべきことを詳しく解説していきたいと思います。

開業届を提出

まず初めに開業をする際に必要なことはたった1つ!【開業届】を提出することです。とっても簡単ですよね。最寄りの税務署に開業届を提出するだけで個人事業主になることができるのです。開業届を提出することによって青色申告の特典を受けることができたりと、たくさんのメリットがあります。代表的な3つのメリットをご紹介致します。

1 青色申告特別控除

複式簿記により記帳し青色申告をすることによって65万円の控除を受けることがで きます。(電子申告や電子帳簿保存を行わない場合は55万円の控除)これはかなりの 節税効果があり青色申告の最大のメリットとも言えるでしょう。

2 屋号での銀行口座を作ることができる

個人事業を始めるにあたってプライベートと事業の口座を分けておくことはとても大切です。また、屋号での口座は取引先からも信頼されますので、個人事業を始める方は 早めに作ることをオススメします。

3 青色事業専従者給与生計を一にする配偶者や親族の方に支払う給与を全額経費にすることができます。

こちらもかなりの節税になりますので、当てはまる方は是非利用してみてください。

帳簿の作成

続いて開業届を提出した後にやっておいたほうが良いことをご紹介させて頂きます。開業届を提出したら次に帳簿を作成しましょう。せっかく開業届を提出しても複式簿記で記帳しなければせっかくの控除を受けることができません。おもな作成方法を3つご紹介致し ますので、自分に合った方法で記帳することをオススメします。

1 会計ソフト

会計ソフトのメリットは、安くて簡単に記帳~確定申告までできるところです。最近ではスマホだけで記帳や確定申告ができるアプリもあり、とても便利で簡単に作成できるようになりました。1か月2,000円程度で利用できるものが多く、コスパ最高で1番のオススメの方法です。

2 税理士に依頼する税理士はお金のプロです。なので安心してお金のことや帳簿類を任せることができます。 お金のことを気にせず事業に集中できるところが税理士に依頼する最大のメリットにな ります。ただし安心できる分値段はやや高めです。

3 手書き

文房具屋さんに売っている帳簿類を使用して作成する方法もあります。記帳をする量が極端に少ない場合は手書きでの作成も良いかと思います。ただし書き直しが面倒だったり、簿記の知識が必要なため初心者にはやや難しめかと思います。

許認可を受ける

業種によって許認可がなくても仕事ができる業種と許認可がないと仕事ができない業種があります。例えば飲食店やクリーニング店などは保健所に許可をもらわなければなりません。また、ゲームセンターやバーは警察署で許可をもらう必要があります。業種によって許認可を受ける場所が異なりますので、しっかり確認をしましょう。

必要なものリストを作成する

こちらは開業するにあたって絶対に必要なものではありませんが、必ず役に立つので作成することをオススメします。なぜ必要なのかというと理由1つ!開業前後はとにかく忙しく、大切なことを見落としがちだからです。リストと言っても手書きで簡単に作成したもので構いません。例えばパン屋さんを開業しようと思ったときのリストはどのようになると思いますか?

・宣伝方法

・開業届提出

・会計ソフトの準備

・許認可の申請

・店舗の契約

・名刺やチラシの用意

・レジの購入

・お店のレイアウト

・従業員の募集

・看板の用意

・仕入先や得意先をまとめる

・材料や消耗品道具の準備簡単に書いただけでもこんなにたくさんの項目があります。さらに詳しく書いたり、必要なものが多ければ多いほど大変です。リストを作成し安心して開業の日を迎えましょう。

資金の用意

 資金は多めに用意しておきましょう。特に開業前に材料や道具を揃えたり、賃貸契約をする場合はかなりの資金が必要になります。業種にもよりますが最低100万円~といったとこ ろでしょうか?そして個人事業の一番気をつけなければならないところは、仕事を貰うことができなければ売り上げはずっと0だということです。会社員は安定して毎月お給料を貰うことができますが個人事業はそうはいきません。開業資金+生活費3か月分は用意しておいた方が良いでしょう。なんだか脅しのようになってしまいましたが、個人事業の良いところはたくさんあります。軌道に乗ればすごく稼げる、働く時間が自由、好きなことを仕 事にできる等、メリットがたくさんあります。クラウドソーシング等、資金ほぼ0で始められる仕事もたくさんあります。【起業したい】【独立したい】と思っているそこのあなた!さっそく個人で仕事を始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です