「できる人は必ず持っている一流の気くばり力」とは

気くばりとは

飲み会の席で

上司の空になったグラスに

ビールを注ぐだけではありません.

相手に仕事を依頼する時やお願いことをする時に

「お願いします」ということは当然ですが,

もうひと段階上をいく,相手に気くばりをした言い方は

なんだと思いますか?

それは

「お願いできますか?」です.

相手の許可を得る形で依頼することが重要なのです.

それを引き受けるか否かは自分ではなく

あくまで相手が決めることであるという態度で

伝える必要があります.

このように

ほんの少しの差が

積み重なり

圧倒的な差となるのです.

気くばりができない人は

人間関係に“ひずみ”を作り

場の空気をなんとなく濁してしまいます.

そして,本人が気づかないうちに

本来得られるはずだった成果やビジネスチャンスを逃してしまうのです.

つまり,気くばりができない人は

相手を不快にさせるだけでなく

自分の明るい未来への扉を閉ざしかねません.

小さな気くばりを積み重ねて

評価も人望もお金も引き寄せられるようになるには

具体的にどのような行動をしていけば良いのでしょうか?

具体的にどのような行動をしていけば良いのでしょうか?

そもそも,なぜ気くばり力が必要なのか?

一緒に仕事をしていると

なぜだか分からないけど

すごく居心地が良くてスムーズに物事が運ぶ.

何気ない会話をしていても

決してわざとらしくなく,

ごくさりげなくて自然なのに

会えば必ず好印象が増していく.

そのような方に

一度は出会ったことがあるのではないでしょうか?

それは間違いなく

気くばり上手な人です!

目上の人にはかわいがられ

目下の人の人望を集めている人の特徴でもあります.

そんな人には

美味しい仕事がどんどん舞い込んでくることは

言うまでもありません.

つまり

「気くばりのできる人=仕事のできる人」

ということです.

気くばりといっても

ビジネスシーンで求められる気配りだけをとっても

たくさんの種類があります.

例えば.

仕事の優先順位を考え,仕上げることも気くばりのひとつです.

相手が

いつまでに仕上げて欲しいと考えているかを

正確に考えて,期限内に提出することが「気くばり」です.

また,仕事の中にも

自分一人で済ませることができる仕事と

誰かの協力が必要な仕事がありますが,

どっちが優先すべきかは

少し考えれば分かりますよね?

気くばりのほとんどは

少し考えれば実行・実践できるものばかりです.

おしゃれは自分のためにするという認識の方が多いと思いますが

これも間違いです.

おしゃれは

相手に対する気くばりなのです.

清潔な印象を与えるような服装や身だしなみは

社会人としての当然のマナーです.

したがって

自己満足なおしゃれではなく,

周りから見てどうか?を常に考えて

目に付くところは

常に清潔を維持しましょう.

人は見た目で判断されるものですからね.

気くばりは

そんなに難しいものではありません.

相手を思いやり尊重する姿勢があれば

自然と態度として現れるものです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です