来年始まる新NISAにも期待!いまさら聞けないNISAの基礎知識について

「NISA(ニーサ)」という言葉を聞いたことがある人も、何となくお得なものだと知っている人は多いのではないでしょうか!?

しかし、改まって「NISAってなに?」となると、説明できる人は少ないものです。

NISAはお得な制度であり、詳しく知っておいて損はありません。

この記事では、いまさら聞けないNISAについての基礎知識を、初心者の方に向けてご説明していきたいと思います。

投資とは

そもそも「投資」とは何なのでしょうか?

「投資」とは、お金を投じることで、将来的にそのお金が増えて戻ってくることを期待する行為のことです。

そして、投資を行ったときに生じる利益としては、「配当金」と「譲渡益」というものがあります。

その「配当金」と「譲渡益」がまるまる手に入れば嬉しいのですが、残念なことにそれらの利益には税金がかかってしまうのです。

・配当金

株式などを持っていることでもらえる利益である配当金には、20.315%の税金がかかります。

・譲渡益

株式などを売却することによって得られる譲渡益にも、20.315%の税金がかかります。

この20.315%の税率ですが、所得税15.315%、住民税5%の合計の税率となります。

また、上場株式は個人間では売買できないので、証券会社に「特定口座」や「一般口座」などの口座を開設しなければなりません。

ちなみに、投資にかかった税金の計算から納税までを自動でやってくれるのが「特定口座」です。それに対して、自分で計算して確定申告をしなければならないのが「一般口座」です。

そして、証券会社で口座を持つと、口座の管理費用や売買を行う際の手数料を支払う必要も出てきます。

NISAについて

NISAの正式名称は「少額投資非課税制度」といい、投資に関する税の優遇制度のことです。

先ほど述べましたが、通常の投資で得た収益には20.315%の税金がかかります。

しかし、NISAを利用すると投資で得た利益を一定期間内、非課税で受け取ることができるのです。

株式の売買で10万円の利益が出たとしたら、約2万円を節税できちゃうのです。

大変お得な制度ですよね。

現行のNISAは、2023年までの期間限定の制度となっています。

そのため、現在のNISAの制度下で金融商品を購入できるのは2023年までとなっています。

NISAには、「一般NISA」「ジュニアNISA」「つみたてNISA」の3種類があります。

そんなにお得な制度なら、3つ全部やりたいと思うかもしれません。

しかし、NISAの口座は、1人につき1種類しか持つことができません。

選択を間違わないように注意が必要です。

では、それぞれのNISAの違いを説明していきます。

NISAの比較表

※利用できる年齢は、口座開設年の1月1日時点のものとなります。

※ジュニアNISA口座では、お子さまが18歳(3月31日時点で18歳である年の1月1日以降)になるまでは、原則として払出しができません。

NISAとつみたてNISAは、本人が口座を開設して本人が運用するスタイルになります。

NISAとつみたてNISAは併用ができないので、自分がどんな投資をしたいのかをしっかりと考えて選ばなければなりません。

NISAは、株式の購入と投資信託の両方でまとまった金額を運用できるので、投資に慣れている人や自由に投資を行いたい人におすすめです。

また、つみたてNISAは国の基準を満たした比較的安全な投資信託のみが投資の対象になるので、投資初心者や長期的にじっくりお金を増やしたい人におすすめです。

最後に、ジュニアNISAです。ジュニアNISAは口座開設の対象が未成年者となるので、親権者などが代わりに運用をするスタイルになります。お子さまが18歳になるまでは引き出しができないので、お子さまの大学進学などの教育資金を運用しながら準備したい人におすすめです。

NISAのはじめ方

NISAを利用するためには、銀行や証券会社などにNISA口座を開設する必要があります。

NISAは証券会社で口座を開かなければいけないイメージがありますが、実はNISA口座を取り扱っている金融機関はたくさんあるのです。

・証券会社

・銀行・信託銀行

・郵便局

・農協

・信用金庫

・生命保険会社

身近にある銀行や郵便局でもNISA口座を開けるので、NISAを始めるハードルが低くなりますよね、

しかし、NISA口座を開く金融機関を決める際には、注意が必要です。

証券会社では、3種類すべてのNISA口座の中から1つを選択できて、株式投資や投資信託の中から投資する商品を選ぶことができますが、その他の金融機関では扱っている口座や商品の種類が限定されてしまいます。

また、実際にNISAを利用できるかどうか、どのような金融商品を取り扱っているかは個々の金融機関によって大きく異なります。

NISAを始めたいと思ったら、事前に金融機関に問い合わせてみるか、ホームページなどで確認するようにしましょう。

NISAを始める金融機関が決まったら、NISA口座を開設します。

本人確認書類やマイナンバー確認書類等が必要となり、書類の不備がなければ、開設の申請をしてから遅くても2~3週間で口座が開設されます。

まとめ

何となく難しそうなNISAですが、資産を形成するためにはとても役立つ制度です。現行のNISA制度は2023年で終了になりますが、新NISA制度が、2024年から始まることが決定しています。自分にあったNISA制度を選んで、資産形成にうまく利用していくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です