「君にはもうそんなことをしている時間は残されていない」を読んで

スポンサードリンク




時間はありそうで、ない

誰かと待ち合わせをしている時,

1分遅刻を許せますか?

1時間の遅刻はどうですか?

1時間の遅刻は,交通機関などやむおえない事情が多いのに対して

1分の遅刻は

相手があなたの命を軽く見ている証拠です.

時間は誰もが平等に与えられ,決して止めることは出来ません.

常に死へ向かって時間は進んでいるのです.

1分の理由なき遅刻は

あなたを死へ1分近づけたと言っても過言ではありません.

そんな限りのある時間を

必要なものに,必要なだけ,有効に使うためには

無駄な時間とは何かを考え,削らなければなりません.

1秒を無駄にしない

まず,1秒を無駄にしない方法です.

挨拶をするかどうかなんて,ためらわないようにするべきです.

目があって2秒ためらったら,もうするタイミングを逃してしまったも同然です.

百歩譲って会釈だけでもするべきです.

顔を知っているというだけで,挨拶するには十分すぎる理由となります.

オフィスにかかってきた電話は,1コール以内に出ましょう.

3コール以上待たせてしまったら,もうゲームオーバーです.

むしろ,出ない方がマシかもしれません.

電話の一番近くにいるあなたが迷わず出ましょう.

それが,お互いに気持ちのいい会話のスタートです.

結婚式,祝賀会,記念式典,ただの飲み会...

迷った瞬間,欠席でOKです.

もちろん,欠席に○をつけて,「させていただきます」と添える礼儀を忘れずに.

こういうパーティーの幹事は,出席確認作業が一番面倒なのです.

例え欠席でも,すぐに返事を書いて返信することが,

相手の時間も奪わずにする方法です.

人生にはたくさんの式典がありますから,心から参加したいと思えるものに

時間を使いましょう.


次に,1年単位で考えた時に,

時間を無駄にしない方法とは,どのような方法でしょうか?

1年はとてつもなく大きな時間と言えます.

1年あれば,人は見違えるほど変わることができます.

それは,良い方にも悪い方にもです.

秋の終わり頃,

「来年の今頃は...」

それ毎年言ってませんか?

2年続けて同じことを言っていたら,もう死ぬまで変われません.

1年続けても成果がなければ,才能がなかったと割り切って

次へ進みましょう.

執着を手放した瞬間に人生が良い方へと変わります.

衣替えの時期になると

必ずと言って良いほど

「この服は今年は一度も着なかったけど,来年は着るかも...」

こんな経験は多いですよね.

1年間着なかった服は,大して好きではないし,お気に入りでもないということ.

好きでもない服と1年も過ごすのは寿命の無駄遣いです.

それに,その服がクローゼットにあるせいで,

新しい服の置き場も奪ってしまうことになりかねません.

着ない服を捨てることを続けると,クローゼットがお気に入りの服でいっぱいになりますよ!

すると,毎日が勝負服!

毎日元気に過ごすことができ,時間を有意義に過ごせます!

あなたには

もうそんなことをしている時間は残されていません.

さぁ,あなたは今,何をすべきか?

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です