「パラサイト 半地下の家族」は面白い!

こちらは、2019年の韓国のブラック・コメディスリラー映画です。お金持ちで富裕層の家族と貧乏な家族を見事に、芸術とも言っても大袈裟ではないほどの形で対照的に描いているので、是非お金に興味がある人におすすめの映画です。

舞台の主役は“半地下住宅”に暮らす貧しい4人家族のキム一家です。半地下について少し説明しておきましょう。東京より家賃が高いとも言われる韓国のソウルでは、一般的な住宅とは別に半地下と呼ばれる格安物件があります。集合住宅の半地下部分にある住居で、日当たりが悪く夏は蒸し暑くすぐりにカビだらけになってしまい、天井も低くまっすぐ立てない場所もあるような劣悪な環境で、トイレも逆流しないように高い位置に設置されています。この半地下は、貧しいことの象徴として映画の中で扱われています。

ある時長男ギウの友人ミニョクが自分の留学中に家庭教師を代わってほしいとバイトの話を持ってきます。向かった先は高台にある豪邸のパク一家です。

半地下と高台のように、貧富の差が空間的な高低でも終始映画の中で表現されているのも面白い見どころポイントです。

さて、家庭教師となった長男のギウは初日に母娘の信頼を勝ち取ります。見事家庭教師の職を得たギウは、パク家の息子ダソンに紹介したい家庭教師がいると巧みに持ちかけます。そして連れてきたのはジェシカと名乗る妹のギジョンでした。ダソンの美術教師になり母の信頼を得たギジョンは次にある仕掛けをし、キム一家は徐々にパク家に取り入っていく。

このあたりまでは完全にコメディですが、後半となるにつれ、徐々にこの映画はサスペンスとなっていきます、とても変化球なジャンルだと言えるでしょう。ただ、一貫して言えるのは、本作のテーマは「格差社会」だということです。

つまり半地下に住むキム一家に対して、高台の豪邸に住むパク一家。同じ4人家族ですが、その暮らしぶりは天と地ほども違います。

ポン・ジュノ監督は、いつもその時代の社会情勢を映画に盛り込んできます。本作で監督のメッセージとして感じるのは、格差社会に対する問題意識です。韓国はものすごい競争社会で、その原因は強すぎる財閥構造とも言われています。

財閥の大企業か公務員という狭き門に就職するために受験戦争も激しく、そこから漏れてしまうとなかなか這い上がれません。若者の5人に1人が実質失業者とも言われる失業率の高さも社会問題になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です