NFTとはなんなのか、NFTはどうやって買うのか、初心者でもわかりやすく徹底解説

NFTって何?」

NFTはあやしいものなの?」

「NFTはどうやって買うの?」

こんなお悩みを今回解決いたします!

「NFTとはなんなのか、NFTはどうやって買うのか、初心者でもわかりやすく徹底解説」を読めば、NFTとはそもそもなんなのかや、わかったけどどうやって買うのか、の答えがわかります!

今後、NFTの波が来ると予想されますが、まずはNFTの理解を深めましょう。

日本ではまだまだ、知らない、よくわからないキーワードですが、海外では、わりと広く知られています。

どうゆうことかというと、海外ではやっているものは、数年後日本で必ずはやります。

この波を逃してはいけないのです。

これからシリーズでNFTについてお伝えしますので、今のうちまずは勉強しましょうね。

それでは、行きましょう!

NFTとは?

NFTとは、「改ざんできないシリアル番号があるデジタルデータ」のことをいいます。

つまり、コピーできない、一つだけのもの一つしかない唯一無二のデータのことをいいます。

NFTの技術を使うことで

・世界に一つだけの画像

・世界に一つだけの音楽

・世界に一つだけの動画

・世界にひとつだけのゲームアイテム

などなど、簡単につくることができる技術なんです。

今やNFT業界で日本を代表するイケハヤさんは、「Crypto Ninja(クリプトニンジャ)」というNFTのコレクションを運営しております。

この忍者は世界にひとつしか存在しないのです。

とはいえ、ただ単の画像データなんですが、だけれども、世界に一つしかないデータなんですね。

この画像はだれでもダウンロードできてしまうのですが、本物はひとつなんです。

リアルの絵だとすると、サインなどがはいっていたり、絵の具の質や時代のものとか、絵のタッチ

だとか、いろんな要素で本物だと判断します。

しかし、このNFTのデジタルデータは、そういった判断がシリアル番号で判断できるのです。

これが、「ブロックチェーン」の技術をつかったものなんですね。

ブロックチェーンの技術を使っているので、偽造はできませんし、不正コピーをすることも実質不可能

というわけなんです。

ちなみに、イケハヤさんのクリプトニンジャの人気の忍者は1体50万円を超えているそうです

これまであった、デジタルデータは誰でも簡単にコピーすることができました。

しかし、この技術で、世界にひとつだけのものになったので、単なるデータが莫大な価値を持ち始めたという

わけなんですね。

世界では、「CryptoPunks」

は、1枚の画像が数千万円、数億円で売買されているんです。

さらに、ツイッターの創業者のジャック・ドーシー最初のツイートは3億円超で落札されています

すごいですね。NFTは、このように、デジタルデータをブロックチェーン上にアップロードすることで誰でも

利用することができるんですね。

なので、NFT市場は多くのアーティストから注目を集めており、その市場規模は大きく拡大しているという

わけなんですね。

ちなみに、元ZOZOタウンの社長前澤NFT市場に注目しており、NFTに特化したブロックチェーン「パレ

ット」を提供するHashPort社へ約4億8000万円投資しています。

\NFTを買うためにはイーサリアムが必要、イーサリアム取引上はディーカレット/

ディーカレット公式サイトはこちら

NFTの市場の動き

アメリカ暗号資産情報サイトDappRaderによるとNFTの取引額は、2020年上半期の時は

1370万ドル(1ドル100円として日本円で、13億7千万円)だったのに対し、

2021年の上半期で、24億7000万ドル(1ドル100円として日本円で、2470億円)

となっており市場が急拡大したことがわかりますね。

日本国内においても、コインチェックが国内初の取引所一体型NFTをはじめるなどあり、また

イケハヤさんのクリプトニンジャも徐々に徐々に広がっておりますね。

本当に楽しみでしかありません!

\NFTを買うためにはイーサリアムが必要、イーサリアム取引上はディーカレット/

ディーカレット公式サイトはこちら

NFTの買い方

まずは、NFTを買うなら【OpenSea】で買うようにしましょう。

詳しくは↓

それ以外でもあります。がおすすめいたしません。

特に、日本企業が運営するNFTマーケットは実際にはブロックチェーンの技術がつかわれていない

NFT風のデジタルデータもあったりするようですね。

OpenSeaは世界最大のマーケットプレイスなので買う場合、売る場合もここを使うことが基本です。

さらに、「仮想通貨ウォレット」が必要となります。

ウォレットとは、いわば財布のようなものですね。

そのウォレットは、【Metamask】

といいまして、これをダウンロードする必要があります。

ダウンロードの方法は↓を参考にしてください。

そして、NFTを買うために必要な通貨は「仮想通貨イーサリアム」となります。

イーサリアムは国内仮想通貨取引所に口座を開設しましょう。

\NFTを買うためにはイーサリアムが必要、イーサリアム取引上はディーカレット/

ディーカレット公式サイトはこちら

イーサリアムは手数料が高いので、まずは3万円程度ウォレットに入れておきましょう。

とにかく、手数料が高いので、買いたいNFTが買えないこともあります。

まとめ

今回は「NFTとはなんなのか、NFTはどうやって買うのか、初心者でもわかりやすく徹底解説」について解

説してきましたが、いかがだったでしょうか。このNFTの記事は、イケハヤさんのNFTメール講座を参考に

書かさせていただいております。 気になる方は↓より登録してください。

またNFTの売れ筋さんキングは↓

イケハヤさんのNFTギャラリーは↓

100円程度から買えるものも多いので、まずは「SNSのアイコン用」のNFTを買ってみるといいでしょう。

とにかく、この今の最先端の技術に触れてみるためには、とにかく購入してみましょう。

そして、明るいあなたの未来はこのNFTにありますよ!それでは!

\NFTを買うためにはイーサリアムが必要、イーサリアム取引上はディーカレット/

ディーカレット公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です