ビットコインはなぜ上がるのか?「いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」から解説します!

お悩み

・ビットコインはなぜ上がるのか?

コインチェック

今回、「ビットコインはなぜ上がるのか?「ビットコインとブロックチェーン」より徹底解説!」を読むことで上記の悩みが吹き飛びます。

この記事は「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」を参考に解説いたします。

では、ビットコインはなぜ上がるのか?結論としては

「信用」であります。もちろん、世界の出来事があるたびに上がったり下がったりはしますが、長期的にあがっているのは、本質に信用があるからです。信用があるからこそ、多くの人が、ビットコインを買うのですね。

その信用をたくさんの人から得ている3つの理由として以下を上げさせていただきます。

・ブロックチェーンの仕組みが魅力的
・ビットコインは安全
・国境がない通貨

では、一つ一つ解説したいと思いますので、是非最後まで読んでください。

それでは、いきましょう!

ビットコイン過去の実績

このグラフはビットコインの過去の実績となります。

毎年、毎年しっかりと成長しているのが見てすぐわかります。

いろんなことを言われていますが、着実に実績を伸ばしているんですね。

ブロックチェーンの仕組みが魅力的

ビットコインは信用があるから、そこにお金が集まると、先ほど言いましたが、例えば円やドルに価値があるのは、皆が信用しているからですね。

お金の本質はつまり信用なのです。

ビットコインは

・誰も偽造・改変できない

・特定の国や人に支配されない

・有限である

まさにこれが信用の担保となっています。

そして、この信用の担保はしっかりと仕組み化されているのです。

ビットコインは安全

ビットコインは、とても安全なのです。過去に、取引所での取引所でのハッキングなどありましたが、それは取引所の問題であり、ビットコインの問題ではありません。

例えば、みずほ銀行の最近のトラブルは、日本円の問題ではなく銀行の問題ですよね。

ビットコインが安全な理由としては

・コピーや改ざんができない

・送金時とても安全(秘密鍵が双方にある)

コピーや改ざんができないということで、このあたりクレジットカードとは全く違うということです。

クレジットカードはあやしげなお店で使えば、カード情報を読み取られ不正に使われる可能性もありますし、ネットでフィッシング詐欺などカード情報を悪用されることだってあります。

ビットコインの場合は、相手のウォレットアドレスへビットコインを送金するだけでこちらのウォレットIDなど情報を相手に渡すわけではありません。

されには、電子署名という暗号で守られているため送金中のビットコインが別の誰かに盗まれるなんてことはありえないのです。

国境がない通貨

日本国内にいれば、クレジットカードや電子マネーなど大抵は使えますが、海外へ行けばそうはいきません。電子マネーなど日本でしか使えないでしょう。

ビットコインは、国が管理していないので、どの国だって使えるのです。

日本でも、ビックカメラが使えることは有名ですよね。また、ネット販売などで使える店は増えてきています。

国境がないので、送金もまたとてもスムーズにいきます。

通常、法定通貨を送金するためには、銀行へ行き、書類申請して、たくさんのハードルを越えて初めて送金ができるのです。

また、送金できたとしても手数料はとても高く、少額送金なら、手数料のほうが高くつくなんてことが起こります。

ビットコインならば、送金先の暗号されたコードを入力すれば、世界中どこにいようが、ビットコインをわずかな手数料で送金することができるのです。

国など中央が管理していないからこそできるのです。

まとめ

今回、「ビットコインはなぜ上がるのか?「ビットコインとブロックチェーン」より徹底解説!」いかがでしたか。

ビットコインが上がり続ける理由は、まさにビットコインに対する信用が高まり続けていることにあります。

信用を得る理由として、以下の3つを解説いたしました。

・ブロックチェーンの仕組みが魅力的
・ビットコインは安全
・国境がない通貨

ビットコインはディーセントラライズ、つまり中央がいないにもかかわらず、みんなで管理している素晴らしい仕組みであり、この仕組みは地球がなくならない限りしっかりと担保を守られている本当にすごい仕組なんですね。

ビットコインは一時的には、大きく下落したり大きく上昇したりと乱高下は激しいものの、長期的にはまだまだ上がっていくことは間違いありません。

是非ともまだ持っていない方は、ビットコインを購入してみましょう!

コインチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。